懐かしい音楽をネットで探して聴いているとついつい歌ってしまったりしてなんだか昔の想い出に浸ってしまっていたみたいでいつの間にか時間が相当経ってしまっていました。なのでしないといけなかった事も全く出来ていないままでちょっとびっくりしてしまいましたが本当に音楽って時間を忘れて過ごせるんだなって思いました。音楽っていつの時代でも思い出として残っているんだな、そう思いました。昔懐かしい曲を聴くと昔何かをしている時にその曲が流れていたりとかして、その風景が頭の中に蘇ってくるというか本当にすごいなって思いました。また昔の思い出の頃に戻れたら良いのに、そう思います。楽しかった思い出も辛かった思い出も本当に色々と有るのですが、その頃に流れていた曲を聞けばいつでも忘れていても曲だけで思い出も頭の中に思い出されてくるので本当にたまにはこうやって音楽を聴くのも良いなって思いました。昔懐かしの音楽は誰にでもあると思うけれど本当に時間が経つのを忘れるくらい夢中になってしまいました。

コンビニエンスストアやデパートでの便所のことですが、大をするところ、あたしは便座にトイレットペーパーを敷いてますが、時にはそれ専用の用紙や洗浄液まであってそれで拭く品種のもありますが、そんなのは面倒なのでいつもトイレットペーパーを敷いてある。そのまま座って仕舞う人も多いでしょうね。高齢の者なんかは。確かに見た感じでは小水がついていたりはないし、プリティーですが、これは気持ちの問題ですよね。キショイというのがお断りからトイレットペーパーでそう思わないようにしていると言う。また、トイレットペーパーがなくなって、そのままになっていることがありますね。これは再三見ますね。これはカチンとくるよね。2つ並んでいてともそれほどなっていると、このぐらいやればいいのにと思います。こののを見ると邦人って本人中央が多いなあと感じますね。あたいさえ良ければいいと。それにトイレットペーパーの芯を見限るゴミ箱も弱いおストア多いですよね。案の定、どうしてなってるのと思ってしまうね。便所に入ると常に不愉快気持ちになりますね。