カフェインレスコーヒー4銘柄を飲み比べてみました。試したのはUCC「お・い・し・い カフェインレスコーヒー」、日本生活協同組合連合会(日生協)「味わいしっかりカフェインレスコーヒー」、セブン&アイ「香りゆたかなカフェインレスコーヒー」、トップバリュ「カフェインレスドリップコーヒー オリジナルブレンド」です。いずれも1杯分が個包装になったドリップコーヒーです。
UCCのカフェインレスコーヒーは香りが高く、苦味と酸味のバランスが取れていてまろやかな味わいでした。日生協のカフェインレスコーヒーは苦味と酸味がやや強い感じです。セブン&アイのカフェインレスコーヒーは苦味も酸味も控えめで、全体的にあっさりした感じでした。トップバリュのカフェインレスコーヒーは、苦味がかなり強く感じられました。
このうち私はUCCのカフェインレスコーヒーを特に気に入って、買ったらすぐに飲み切ってしまいました。「お・い・し・い」と銘打っているのは、嘘ではないと実感します。「お・い・し・い カフェインレスコーヒー」はドリップコーヒーのほかにインスタントコーヒーや水出しアイスコーヒーもあるので、近いうちに試してみたいと思っています。